Top > :解析 > 魔法

:解析/魔法

Last-modified: 2016-07-31 (日) 16:18:46

警告:以下の文章はスポイラー、いわゆるネタバレです。
プレイの楽しみを損なう可能性があるので、一通りプレイしてからの閲覧を推奨します。
尚、ここで得た情報等をこの手の情報を扱っている場所以外で公言するのはマナーとしてお控え下さい。











以下の内容はver1.19(開発版)に基づく。

習得 Edit

習得難度 Edit

習得にかかるターン数 = 魔法の難易度 / (2 + 読書スキル) + 1
習得難易度 = 魔法の難易度
習得難易度は魔法書が祝福されている場合* 100 / 120になり、呪われている場合* 120 / 100(ver.1.16では * 150 / 100)になる。
習得難易度を元に毎ターン以下の判定を行い、一度でも失敗したら習得は失敗する。

  • 盲目なら失敗。
  • 混乱または朦朧としているなら習得難易度によらず3/4で失敗。残り1/4の場合は以下の判定を行わない。
  • rnd(読書スキル * 関連能力値 * 4 + 250) < rnd(習得難易度 + 1)を満たすなら以下の判定を独立に行う。満たさないなら成功。
    • 1/7で失敗
    • 関連能力値 * 10 < 習得難易度 かつ rnd(関連能力値 * 10 + 1) < rnd(習得難易度 + 1)なら失敗
    • 関連能力値 * 20 < 習得難易度 かつ rnd(関連能力値 * 20 + 1) < rnd(習得難易度 + 1)なら失敗
    • 関連能力値 * 30 < 習得難易度 かつ rnd(関連能力値 * 30 + 1) < rnd(習得難易度 + 1)なら失敗



解読に失敗した場合、以下のいずれかの効果を受ける。
上から順に判定し、一つが起きたならばその下の判定は行わない。

  • 1/4の確率で"マナを吸い取られた!"。最大MPに等しいMPを失う。
  • 1/4の確率で"難解だ!"。強度100の混乱。
  • 1/4の確率で"魔力の渦が何かを召喚した!"。プレイヤーの経験Lvに応じたモンスターの召喚
  • "奇妙な力に捻じ曲げられた!"。テレポート


ちなみに古書物も同じ判定。関連能力値は魔力。

魔法ストック上昇 Edit

x = (rnd(51) + 50) * (90 + 暗記スキル + (暗記スキルが0でないなら+20))
ストック上昇量 = x / limit(100 + 現在のストック / 2, 50, 1000) + 1
要するに50〜100の乱数に90を掛けて(100 + 現在のストック / 2)で割った値になる。ただし分母は50以上、1000以下。
暗記スキルがあれば90の代わりに110+暗記スキルを加えた値を掛ける。

魔法にもスキルや能力値と同様に成長値が存在する。
成長値の初期値は200%で、魔法のレベルが上がるごとに1割減少する。
使用回数上昇と同時に1%上昇する(夢や不思議の巻物から得た場合も同じ)。
成長値の上昇は暗記スキルでも伸ばせない。

暗記スキルの出番はここだけ。
暗記スキルより交渉スキルを上げて魔法書を買った方が良いかもしれない。

詠唱 Edit

詠唱難度 Edit

以下の内容はver1.16及びver1.22(開発版)に基づく。

詠唱者がプレイヤー以外の場合、乗馬されていなければ成功率は95%。
乗馬されている場合は95 - (30 - プレイヤーの乗馬スキル / 2) % (ただし95%を超えない)
プレイヤーの場合、以下を計算する。

重装備の場合、詠唱阻害 = 17 - 重装備スキル / 5
中装備の場合、詠唱阻害 = 12 - 中装備スキル / 5
軽装備の場合、詠唱阻害 = 4
詠唱阻害が4未満の場合4になる。

乗馬している場合、詠唱阻害に4を加算する。


ver1.22(開発版)では
願いの魔法を詠唱するとき、詠唱阻害に願いLv を加算する。
魔術師の収穫の魔法を詠唱するとき、詠唱阻害に魔術師の収穫Lv / 3を加算する。

成功率 = 90 + 魔法レベル - 魔法の難易度 * 詠唱阻害 / (5 + 詠唱スキル * 4)

重装備かつ80%以上なら80%。
中装備かつ92%以上なら92%。
軽装備かつ100%以上なら100%。

二刀流なら -6% される*1
盾装備なら -12% される。
1.16(安定版)では5%未満なら5%になる。
1.22(開発版)では0%未満なら0%になる。

この値は魔法選択画面で表示されるものと同じで、100%なら確実に成功する。
MPが足りなくともペナルティーは無い。

消費MP Edit

詠唱者がプレイヤーなら
消費MP = 基本消費量 * (100 + 魔法レベル * 3) / 100 + 魔法レベル / 8
ただし、神託、復活、ドア生成、壁生成、テレポートアザー、テレポート、ショートテレポート、グラビティについてはMP固定で消費MP = 基本消費量。

エヘカトルを信仰しているならば、実際に消費するMPは rnd(消費MP * 140 / 100 + 1) + 1

詠唱者がプレイヤーでないなら
消費MP = 基本消費量 * (50 + 詠唱者の経験レベル * 3) / 100

魔法レベルが1上がるごとに元の3%分だけ消費量が増える。

消費ストック量 Edit

x = 基本消費量 * 200 / (魔法レベル * 3 + 100)
ただし最低でも基本消費量の1/5。
実際に消費する量は
ストック消費量 = rnd(x / 2 + 1) + x / 2
と乱数を含むようになっている。
ストック消費量が1未満の場合は1消費する。

魔法レベルが上がるとストック消費量が減る。
ただし魔法レベル33でようやく半分と効果は控え目。
かつては元の消費が少ない魔法はストック消費なしになることがあったが今は必ず消費する。
また、ストックの消費によってストックが0未満になることはない。

マナの反動 Edit

なんらかの理由でMPが減少したとき、現在MPが負の値であるとマナの反動が発生する。
これは魔法書の学習に失敗して魔力を吸収された、MPが足りないときに呪文を詠唱した、MP吸収武器で攻撃されたなど減少の理由によらず発生する。
ただし、現在MPは-999999未満にはならない。

反動ダメージ = 減少後のMPの絶対値 * 400 / (100 + 魔力の限界 * 10)
"あなたはマナの反動を軽減できる"のフィート(種族エレアの初期フィート)を持っているならば反動ダメージは1/2になる。
反動を受けるものがプレイヤーでないなら反動ダメージは1/5になり、反動ダメージが10未満なら0になる。

不足したMPではなく、現在のMPの絶対値に比例するダメージを受けるのでMPが負の時に詠唱したり吸収されたりすると大ダメージを受ける。
どれだけ魔力の限界を高めてもMPが無い時に回復魔法を連発していればいつかはダメージが回復量を上回る。

魔力の限界の出番はここだけ。
魔法書の学習に失敗した時に吸収される量は最大MPに等しいので気をつければ反動は受けない。
ただしエヘカトルを信仰するなら予期しない反動を受けることもあり、純戦士でもMP吸収武器によって反動を受けることはある。





*1 複数の近接武器を装備してかつ盾も装備している場合、二刀流とは判断されない