Top > rumor

rumor

Last-modified: 2015-01-30 (金) 05:04:00

ここはノースティリスに流れる数多の噂が集まる場所。

 
 

長くなってきたので分割しました。
rumor/過去ログ - 2007、2008年分
rumor/過去ログ2 - 2009年分
rumor/過去ログ3 - 2010年1月〜4月分
rumor/過去ログ4 - 2010年5月〜6月分

賢く手に入れる方法 Edit

魔道具使いの脳筋戦士

よぉよぉそこな道行く兄ちゃん。あんたなかなかいい指輪つけてるじゃねえか。
そうだなぁ…オレっちの虎の子、この貴重なポーションで今おめぇのつけてる唄うシルバースピードリングを交換してくれy
オイオイオイ!ちょっと待てよ!話は最後まで聞くもんだぜ!
………
あんたのつけてる指輪はなんでか知らないが呪われてるんだぜ!?それならコイツ1本が妥当な線だろ?
しょうがねえなあ…じゃあ俺は祝福された1本のコイツでいいぜ…ってオイ!まだ吊り合わねえだぁ?
………
オイオイオイ!いくら貴重だからってそんな堕落した指輪に価値なんかほとんどねえんだぞ?な?

よっしゃ!じゃあオレっちの祝福されたエーテル抗体のポーション1本とおめぇの堕落した唄うシルバースピードリングとで交渉成立だな!まいど!

…ヘヘヘ、呪われてるモンは軒並み価値が下がる…堕落したヤツなら言わずもがな、ってところだな。
最初ネフィアで鑑定されてないコイツを使って装備についた呪いを解こうとしたときゃ後悔したが今じゃコイツほど頼りになる商売道具はありゃしねえぜ。
なんせコイツを振ったからってガードを呼ばれることもねえ上に充填すれば何回でも使えるからな…
さて、あとは祝福されたコイツ呪いを解いてやるだけだぜ…ウヘへ…

イテッ!クソッてめえどこ見て歩いてやがる!
チッ…もういい、とっとと失せやがれ!

…ってあれ?オレっちの指輪がねえ!チクショー!!


  • その杖よりもっと効率的に充填出来る杖があるぜ!だからその堕落した重層鎧と交換しないかい?

一攫千金を狙う Edit

とある男たちの話

冒険者さんよぉ。こんな雪の降る寒い街で
何掲示板を覗いてんだよ。

・・・何?一攫千金だと?
・・・この街からポートカプールまでの急ぎの護衛・・・か?
期限は3日だぞ?こんな依頼、いくら韋駄天だって厳しすぎる。
その分報酬は4万gpか、それなりの額だが・・・。

・・・こんな無茶な依頼を遂行したいとなれば、
方法はアレしかないな。

なに、簡単な話だ。
お前の持ってるその巻物・・・依頼を受けてすぐに使ってスタコラさっさと護衛すればいいだけの話だ。

まぁ、俺も身を隠してこの街に潜んでいるわけで人のことは言えないが、
その方法を多用しすぎれば確実にガードに狙われるぜ。
何故かって?そんなの決まってるだろう?
重罪だからな。


  • 雪だるまとクリスマスツリーも忘れるんじゃないぞ?(ニヤリ

我が子へのアドバイス Edit

形見のカバンに挟まっていたメモ

そのは喰うな、冷蔵庫にでも入れておけ
その巻き物を金塊に使うな、戦利品に使うべきだ
そのは捨ててしまえ、巻き物の方が貴重品だ

近くの街は無視しておけ、エレアの宝を欲するのなら
機械の神の信徒になれ、裏切りに心が痛まないなら

宿屋に泊まる前に街を見ておけ、もっと上等なベッドが見つかるだろう
軽いゴミは持ち歩いておけ、そのうち欲しがる奴が現れるだろう

最後に…特別な依頼には気を付けろ、旨い話には裏がある
それでも恩を売りたいなら…まずは看板娘だな


  • ロミ公の経験より良いベッドを鞄に入れといてくださいよお父さん

ローグライクはアイテムが基本 Edit

ノースティリスの墓守

おや珍しい。アンタがここに運ばれてくるなんて、何年ぶりだったけな。
這い上がるのかい?よし、じゃあ手を貸してやろう。…よっこいしょっと。
しかしあれだね、ヒヨッ子の頃のアンタならともかく、今ぐらい腕が立つなら、
どんなモンスター相手でも死なないものだと思ってたけど。

 

え、何だって?自宅を拡張しようと思って階段を買ったのに、戻りの階段を買い忘れて首を吊った?
アハハ、アンタも案外そそっかしいんだな。
…おい、怒るなよ。格下相手のオレに武器なんか構えてさ。ちょっと大人げないんじゃないか?
…いや、謝らなくたっていい。オレも笑ったのは悪かったしな。
そうだな、この機会にいいことを教えてやろう。

 

さっきアンタが言ってたその状況、どうやら抜け出す手段もあるらしいぜ?
オレの友達にもアンタぐらい凄腕の冒険者がいるが、ソイツ、自宅の二階で
大量のドラゴンや巨人を狩ってた時に、うっかり階段を壊したそうだ。
耐熱は完璧だったらしいが、冷気の方はどうにもならないそうだな。
冒険者じゃないオレにはよく分からん話だが。

 

ソイツも最初はアンタみたいに首を吊ろうとしたらしいんだが、
色々と考えた末、結局下の階に降りられたらしい。
え?肝心の抜け出す方法はって?
いや、何かの巻物を使ったらしいんだが、詳しくは何も教えてくれなかったんだ。
近くのネフィアから徒歩で帰ってきて良かったとか言ってたが・・・・・・

 

もし心当たりがないんなら、とりあえず、手持ちの巻物でそれっぽいものを
片っ端から試してみればいいんじゃないか?

耐酸性、耐火コーティング Edit

魔法道具屋

ああ、お客さんかい。*素材変化*の巻物ね。毎度。
……耐酸性コーティング液?今日は置いて無いなあ。お客さんが一杯投資してくれたから、もうあんまり取り扱って無いんだよ。
そう項垂れなさんな。なんだい、その立派な大剣を燃えないよう、溶けないようにしたいのかい?

じゃあこうすりゃいい。さっき買い取らせてもらった劣悪素材の巻物があるから、一巻お返しするよ。代は要らないよ、サービスだ。
これでどうするのかって?あるだろう、酸にも強くて、燃えない素材が。
……からかっちゃいないよ。とにかくほら、騙されたと思って。その後に何にでも、望みの素材にすればいい。

*ボフン*

ありゃ、生ものか。それじゃダメだな。
巻物、全部買い戻すかい?
はい。毎度あり。


  • 劣悪素材の巻物は店で売っていないので修正

護衛、配達依頼のちょっとした小技 Edit

護衛を依頼した敗残兵の日記帳

俺は、もうすぐ死んでしまう。
死ぬ前にもう一度、故郷のノイエルに帰りたかった。
あの雪だるま、巨人の『エボン』
大きな教会・・・。俺は帰りたかった。あの風景を見て死にたかったんだ・・・。

だが、ここはパルミア。
そして護衛の依頼は出したものの、到底行ける様な日数じゃなかったんだ。

そんな中、速度も装備もイマイチな冒険者が俺の護衛を名乗り出た。
おかしい。こいつの速度ではノイエルまでの護衛はムリだ・・・。
あと2、3歩のところで護衛の期限が過ぎ、俺がくたばってしまうだろう。
しかも眠たそうな目をしている。歩いている途中で仮眠が必要なのは目に見えていた・・・。

パルミアの出口に差し掛かったところで、その冒険者は神に祈りをささげた。
すると、あの眠そうな冒険者の目は途端に冴え、やる気の満ち溢れた目へと変わったんだ。
俺は驚いた。祈るだけで寝落ち寸前の眠気から目が冴えてしまうものなのか・・・?!
そしてその冒険者は、何故か自身に加速の杖を振り、パルミアを発った。

だが、俺が驚いたことはそれだけではなかった。
なんと、その冒険者は100個近くも持っていた加速のポーションを取り出し、
1歩歩くごとに飲み干していた。
1歩歩いて、加速のポーション。
1歩歩いて、加速のポーション。
毎歩毎歩加速のポーションを飲みながら歩いていた。
俺達の旅程は、地味とはいえ少しづつ予定より早くなっていた。

ある時、何故か冒険者は近くにあったネフィアに立ち寄った。
冒険者によると、「ネフィアなら杖が使えるからな。俺魔道具30くらいあるし本当は杖のほうがいいんだ
だが、グローバルマップでは杖は振れないからな・・・。」とのことらしい。
そう言った後、冒険者は自身に加速の杖を振った。
何歩か歩いた後、冒険者の腹の虫が鳴った。ここらで食事をとるのかと思いきや
おもむろにを取り出し、それを飲んでネフィアを脱出。再び旅路を急いだ。
パルミアを発った時と同じく、加速のポーションを飲みながら。

しばらく歩いた後、プチ級の敵が現れた。
私は臨戦態勢に入ったが、冒険者はまた自分に加速の杖を振る。その後テレポートの巻物を読んだ。
もうすぐ逃げ切れるというところで、再び冒険者は加速の杖を振った。

そう。冒険者はパルミアを経ってから常にそうだった。
歩くごとに加速のポーションを飲み干し
襲撃があれば加速の杖を自分に振り、テレポート。あと少しで振り切れるというところでまた加速の杖を振る。
・・・そして、ネフィアを見つけたらそこに入り加速の杖だけ振ってネフィアを出る。
彼はそれだけで私の護衛の依頼に確実さを見出し、不可能だと思われていた私の護衛を可能にしたのだ。

ノイエルにたどり着いた。
有難う、冒険者さん。あなたに会えて本当に良かった。
そして俺は、冒険者に報酬を渡し、懐かしの自宅へと…

(この先は焼け焦げていて読めない。)


  • 誰視点なん?ただの力技でオチも中身もなし、このページに書く事じゃないと思うよ?
  • ↑護衛対象視点じゃね?所詮rumorだし、「少しでも早く辿り着く方法」の情報としてこれでも大きな問題はないかと
  • オチは冒険者がエボンを解放して行ったって辺りかね?
  • 不適切な単語がある上にエボン伝々は小技と全く関係ないし、問題かはともかくひどいと思うよ、うん。直すにしても違うものになりそうで踏みきれないレベル。
  • とりあえず不自然な表現と明らかに間違った情報だけ修正。エボン云々はrumorだし別にいいでしょ。

やりすぎた結果 Edit

酒場に屯していた行商人

のわ!?こんな所に化物が!?ガード!ガー…
あ?人間?いやお前、そんな手ばっかり何本も生えておいて人間はねえだろ。
…俺も翼やら蹄が生えてるって?まあ、そういやそうだな。
普通より手が11本多くてもそう人間とは変わらんか。
悪かったな、化物呼ばわりしちまって。詫びがわりっつったら何だが奢るぜ。
それで許してくれよ、な?

(へへへ、かかりやがったな化け物め。人間様に化けようったってそうは行かねえ。
 胃の中ぶちまけてせいぜい苦しんで死ねばいいさ。
 その手に持ってるたくさんの高そうな盾は俺が後で役に立てて…
 おっと早速…!)

どうだい、最期の酒の味は。背筋が寒くなる様な味だったろ…
…あ?な、なんで無事なんだよ!?あっ!?
い、いや、今のはその、言葉のアヤで…!

(酒場から殴打音が聞こえる。
 どうしてか悲鳴は聞こえない

プライベート空間 Edit

パルミア大使館セールスレディ

「いらっしゃいませお客様!本日は何をお求めでしょうか?」
「ご自宅に1人部屋が欲しいと……それではこのセレブ邸の権利書は如何でしょうか?
 お客様の部屋とはいわず同居者すべての方の部屋を作れる広さとなっております」
「……引っ越すつもりはないのでございますか。はい、ご自宅にルルウィ様をお招きになって。それはおめでとうございます!」
「……なるほど、お客様は最近楽器演奏を始めたばかりで連れ添いの方にすら石を投げられてしまうのでございますか
 でしたらまずは練習する場所が必要でございます。この牧場の権利書はいかがでしょう?今なら大変お求めやすいお値段になっております」
「……はい、毎日が討伐依頼にネフィア探索で忙しく、趣味の演奏にそこまで時間をかけるつもりはないのでございましたか!
 帰宅した際に寝る前ほんの少し演奏したいのに同居人も連れ添いも許してくれないから1人きりになりたいのでございますね!!
 お連れ様を酒場に預けてただ酒飲ませるような手間暇かけず演奏できる空間が欲しいのでございましたね!!!」
「でしたらこのシェルターはどうでしょうか?
 中に入られましたらハウスボードにて貴方様1人だけが入られる空間に模様替えして下さい
 再び入る時にはお客様1人だけとなっているはずです」
……問題ありません。お連れの方は消えるのではなくシェルターの外で待って下さるはずです
ただし依頼で護衛する方や護衛を願い出た冒険者様は神隠しに遭うという風の噂を聞きました
 どうかご注意下さいませ」
「……お喜び下さり嬉しい限りです!お客様のプライベート空間を提供するこのシェルター!!!祝福されておりますが今なら通常価格にて――」
...あなたは去った
「チッ、冷やかしか」

牧場でのペット育成 Edit

ペット愛好仲間(2011-07-09 (土) 23:25:34)

やあ、久しぶり。なんか浮かない顔しているけど悩み事かい?
えっ? 牧場で妹が増えたから何とかして強くしたい? 耳と尻尾が生えた可愛い妹だって?
いや、そこは聞いてないよ……耳と尻尾の部分ね。
確かに、Lvを下げたり上げたりする薬はあるけど貴重品で滅多にお目にかかれないね。
あーそう落ち込まないで。薬なんかに頼らずとも君が妹を鍛えてあげたらいいじゃないか。

……鍛えるって何をどうするって?
コレを装備して牧場にいる妹に攻撃するのさ。ん? コレかい?
これは酸で傷ついた武器だよ。力自慢の僕ですらプチにダメージを与えられないくらいにね。
これだったら妹を傷つけることなく攻撃できるだろ? 向こうは全力で攻撃してくるだろうけど、君の立派な装備の前じゃかすり傷も負わせられないだろうね。
こうやって戦っていたら、君の妹も戦術とか装備の使い方とか上手くなるし、少しはLvも上がるはずさ。
もちろん、ペットの数だけ傷ついた武器を作って、一緒に鍛えてあげた方が強くなるのは早いね。
ただ、魔法を使う彼とかブレスを吐く彼とかはお留守番してもらうのがいいだろうね。目の前で妹が弾けるのを見たくないなら。

……急にソワソワしてどうしたんだい?
早く妹を鍛えてあげたいだって? はは、気持ちはわかるけどもう少し話を聞いてもらえないかな。
そんな嫌そうな顔しないでくれよ。もうワンランク妹が強くなる方法を教えてあげるからさ。
それはね、コイツを使うんだ。うん、バブル。殴ると分裂する人気者。
でもただのバブルじゃないんだ。なんとかドラゴンとか強いモンスターの遺伝子を組み込んだ言うならエリートバブルさ。
その割には随分と弱そうだって? ああ、それは肉体的に弱くなる薬をたくさん飲ませたからだよ。
それに、いくら強い奴の遺伝子を組み込んだとしても格闘とかのスキルが上手くなる訳じゃないからね。でもLvだけならそこらの下級ドラゴンより上さ。
ここまで話したらもう分かると思うけど、これを君が鍛えた妹のいる牧場で分裂させるのさ。
サンドバッグがあるなら分身を吊して手裏剣でも投げるといい感じに増えてくれるね。後は君の妹が増えたバブル相手に勝手に戦ってくれるさ。
貧弱な肉体の癖Lvだけは高いバブルだからね。君の妹もたくさん経験をつんでくれると思うよ。

ただ、君の鍛え方が足りないと死んでしまうから気を付けてね。それじゃあ。

「児童集団失踪事件?」という記事の切り抜き Edit

デイリー・カプール社会欄(2011-05-28 (土) 21:37:08)

 当局は本日未明、街の子供の数が不自然に減少していることを確認した。
我が街では殺人が合法であり、これまでにも乞食や身の丈に合わない物を
所持した市民が殺害されること自体はしばしば起こることであった。
しかし、識者曰く「貴族の子供と違って特に目を惹く持ち物など無いはず」
の子供達が狙われるのは不可解だという。
犯人からの声明なども無く、動機は不明。

 

 失踪した子供の数は五名。現場と思しき場所には血痕が認められたが、
致死量にはかろうじて至らないと断定。全ては僅か数時間の内に行われた模様。
逃げ惑ったらしい被害者の足跡が不意にとぎれており、複数犯が袋のような
もので被害者を包んで誘拐したのではという見方で捜査が続けられている。


  • サンドバッグで縛ったまま持ち運べると勘違いしてしまったが違うようだ・・・ ・・・さて、真相はいかに
  • ためしにモンスターボールを投げてみると良い。俺も驚いた。
  • 老人や傭兵も可能
  • 科学に犠牲はつきものなのだよ

プチジェノサイド後…… Edit

パーティー会場の冒険者(2011-04-30 (土) 01:22:04)

おやま、先を越されたか。
ねえ、その波動を放つ弓を私に拾わせてくれたら、いい情報をあげるけど、どう?
どうせもう持ってるからいいって?それは良かった。

こういう余った★アーティファクトも倉庫に積んどけば大量に保存できることは知ってる?
10個ぐらい同じものを集めたら、自分がツイてるって感じる時に一気に拾ってごらん。
幾つか《神器》クラスの装備に変化してくれるよ。

まあ、《神器》って言っても大した物は少ないけど、そういう時は交換するといいよ。
怪訝な顔をしてるねえ。あなたさんはを持ってないの?
ある程度集めてあるなら、《神器》を拾う格好の場所だよ。
思い出したなら、後は実践してごらん。

……あのヒトは出て行った、か。
じゃ、そこの乞食さん。ちょっとお話があるんだけど、いいかな……。

鍵開け術 Edit

裏通りの怪しげな男(2011-04-06 (水) 17:45:27)

ヒヒヒ・・・いらっしゃい・・・。
ロックピックに変装キット、危ない橋を渡るのに必要な物なら何でも揃ってるよ
・・・ってなんだ、またアンタか。不気味な感じを装っちまって恥ずかしいじゃねえか。
はいよ、ロックピックね、毎度あり!

アンタ最近よくロックピックを買ってくねぇ・・・。
カモになりそうな金持ちのお屋敷でも見つけたのかい?いや、そりゃねえか。なんせ王家の寝室にすら鍵がかかってないご時世だもんな。
どうせネフィアにある宝箱が開けられないのに、ついムキになって開けようとしちまうんだろ?
で、手持ちのロックピックが尽きちまう、とこんなところか。・・・え?ああ、図星なのか・・・。
アンタ、そもそも鍵開けできるのか?
・・・なんだ、最近かじり始めたばかりなのか。
じゃ、市販のくじ箱でも開けてりゃ腕磨きゃいいじゃねえか。
何?そんなチマチマした事やってられない?口だけは達者だな・・・。え?交渉には自信がある?そういう意味じゃねえよ。

しかし、お得意様の頼みとあっちゃ仕方ねえ、ちょいとコツを伝授しようかね。
素人だからってちょっと試してこの宝箱はダメ、あの素材箱もダメ、って思っちゃいねえか?
ああそうか、アンタは頭に血が上るんだったな・・・。
それなら一旦宝箱は置いておいて、冷静になってからもう一回試してみな。
いやいや、腕前が上がるまで保管しておく、っていう意味じゃねえ。まあとにかく試してみな。

・・・おう、頑張ってな。
しかし・・・あいつにゃ遺跡荒らしは向いてねえな・・・。
俺から指輪をスリ取られる、壊れやすいように細工してある商品にも気付けねえ。
それに、大事な情報にも気付けなかったみたいだしな。どれだけ冷静なろうが分不相応な宝箱は諦めるしかねえ。
さて、そろそろ俺も出かけるかね。
アイツの諦めた宝箱を回収しにな・・・

炎に強くなりたい Edit

 ある冒険者

ん?なんだ冒険者の新入りか?
え?炎に強くなりたい?何だ簡単だよ。
鉄装備でも・・・え?金が無い?
しょーがねえなぁ・・・汚水をかぶるとか、そこらの池に入るとかあるだろ?
まあよく痺れるようになるがな。・・・え?
ダンジョンにめったにそんな所無い?
仕方ないなぁ・・・お、この野菜いるか?
このみずみずしく育った野菜は投げればほぼ汚水の代わりになるし、もちろん食事にもなる。
今ならセットで安くしとくぜ・・・まいど。
へへ、まさかあんな赤い奴がお金になるとはなぁ・・・。
儲け儲け♪

ヨウィンの街中にて Edit

 名もなき盗賊(2011-02-08 (火) 18:40:44)

 (真夜中の畑で、人知れず野菜を引っこ抜く冒険者。そこに声をかける男がいる)
ようご同輩。鍛えてるようだな。このニンジンは挨拶がわりに貰っておくぜ。
とはいえタダで貰うのも悪いから、一つだけお前さんにうってつけの話をしてやろう。

ほら、その野菜だよ。そのまま売っぱらっちまうのはもったいないと思ったことはないか。
実の所ちっとばかし手を加えたって盗品は盗品のままなんだ。
お前が料理上手なら、どうだね、ひとつシチューでも作って売ってみては。
……ま、お前さんの料理が下手なら価値が下がることもあるんだけどな。

劣悪素材の巻物 Edit

パルミア大使館の市民(2011-03-25 (金) 20:04:33)

こんにちは、あなたも税金を納めに?毎月大変ですよね。私はパルミア在住なので大したことはないですが。
えっ、今日は初めて税金を納めるんですか。納税箱はあっちですよ。
するとあなたはまだ駆け出しを抜けたばかりの冒険者さんかな?ほほう、ピアニストですか。
ではちょっとそのハーモニカで一曲聞かせて・・・ああ、まだそんな自信はないですよね。

 

なになに、ついでに宝石加工スキルで練習に作った大量の劣悪素材の巻物も売りに来た?
冒険者さん、一つ教えてあげるよ。劣悪素材とは言っても生ものよりはマシな素材はいくらでもありますよね?
・・・それは分かってるんですね。それでも余るくらい巻物があると。それじゃあ家の家具にも試してみました?
ただの狭い食卓や食器棚、それにあなたが持っている楽器もシルバーオブシディアン製にすることが出来れば・・・。ちょっとは家もリッチになって給料の足しになるかも知れませんね。

 

でも巻物を読んだ瞬間もの凄く重くなるかも知れないから・・・って。
(ピアニストは突然消えた)
まあ・・・重い物は大丈夫かな。何せピアニストだし。

応用遺伝子学講座 Edit

ポート・カプールで出会った冒険者 (2011-01-07 (金) 11:12:46)

やあ、こんにちは。君はいつも頼もしげな仲間を連れてるね。
へえ、最近は遺伝子学の勉強をしてるのかい。
え? この前、トドを合成しようとしたら、邪魔な大工のスキルを覚えるところだった?
可愛い嫁が、いつミュータントみたいな姿になるかと気が気じゃない?
…よけいなスキルや部位はひとつも付けたくないのかい?

 

ところで、この僕のペットを見てくれ。こいつをどう思う?
うん。そう。バブルだよ。殴ると分裂する可愛いやつさ。
こういう魔物を合成してもスキルや部位が増えないのは知ってるかい?
知ってる? でも、元の能力が弱いから合成しても意味がない?
…そうだね。でも、弱い魔物を強くする方法に、君は心当たりがあるんじゃないかい?

 

気付いたようだね。そう、この子はそんじょそこらのバブルじゃない。
合成に合成を重ねて、今や爆弾岩並の耐久力を持ったスーパーバブルさ。
ネフィアで爆弾岩を見つけるのは大変だが、そこで寝ている敗残負傷兵に話しかければ、
いくらでも出てくる穴場に案内してくれるよ。
欲しい数だけ捕まえたら、帰還か脱出の巻物で逃げればいいし。

 

じゃあ、僕はこれで。
これからシェルターにこもって、この子に毒薬を飲ませる作業があるんでね。

呪われてあれ Edit

怪しげな老婆(2011-1-06 (木) 2:15:03)

おや、旅人さんそんな場所にたくさん物を置いて何をするつもりだい。
なぁに、呪われたいのかい。
ならそんな面倒なことはせずこのシェルターの中へ入りなさい。
呪いの棺がたくさんいて、うんと呪ってくれるさぁ。

 

なんだ装備品じゃないのかい、ならしかたないねぇ。
あぁ物を置いてかない。壊れたって知らないよ。

 

そうだ、お前さん、ペットはもっとるかい。
楽に呪いたいならそいつに呪いたいものを渡してから、その巻物を渡せばいい。

 

それで呪えるはずさ。
ひっひっひ・・・それじゃお駄賃としてこの指輪はもらってくよ。

 

老婆はそういうと置いてあった指輪を拾ってどこかへ去っていった

不当解雇 Edit

天界ハローワーク職員による報告書(2010-12-01 (水) 11:20:03)

(職員の記述した部分は所々かすれてしまっている)


………下僕…………………解雇……相次いで…………
…冒険者…………(以下甲)……………悪質性……高く……
ゆえに………報告書…提出する……………。
以……各…………証言を列挙す……で参照され……。


妖精さん
「冒険者に同行する求人だったのですが、
実際にはそのような業務はありませんでした。
この時点で疑うべきだったのかもしれませんね。
家にいる間は甲の手料理食べていました。
そしてある日、甲は解雇通知と弁当代を要求してきたのです。
弁当代を払えない私はを甲に譲渡する旨の契約書を書かされました。」


黒猫
「ある人物の殺害に加担されられました。
当然そんな不法行為はしたくなかったのですが…
殺害が完了すると甲は私に死体を舐めさせました。
あの時の嫌な感触は今でも忘れられません。
そして死体を舐めた瞬間に甲は私に罪を着せて解雇しました。」


黄金の騎士
「館に連れていかれた直後に祭壇噴水を担がされました。
また、甲の窃盗の片棒を担がされることも度々でした。
甲は盗賊ギルドでもそこそこ名の通った存在だったようです。
ある日、私は窃盗の罪をなすり付けられて解雇されました。」


黒天使(代理人による証言)
「娘は合意もなしに突然覆い被さられたとのことです。
具体的な行為についてはここで語りたくありません。
自主退社による退社ということになっているようですが、
専門医に診てもらったところPTSDであるとの診断を受けました。
警察には被害届を提出しております。」


アンドロイド
「私ハ甲サントハ面識ガアリマセン。
…エ?ソンナ大変ナコトニナッテイルンデスカ。
全然知リマセンデシタ。」


以上…主要………者………証言………。
現在……甲…新たに妖精…………雇用…………、
………同行…監視…………続け…………。
以上………………。


  • 追放者のことを忘れないであげてください
  • 防衛者のry
  • 黒天使の"覆い被さられた"ってきもちいいことかと思ったら…上に乗る方か?

装備ロンダリング Edit

とある街の道具屋(2010-11-28 (日) 18:00:11)

いらっしゃいませ。今日は何の御用でしょうか?
はい、装備のお引取りですね…それでは、これだけのお値段になりますが。
ずいぶんと怪訝な顔をなさっておいでですね…お客様、盗品を売るのは初めてですか?
おや、顔色が真っ青に。どうして分かるのかって? まぁご安心を。
我々も商売人、お客様の秘密は勿論お守りいたします…。

 

それではまたのお越しを…って、おや、今度はお顔が真っ赤に。何をそんなにお怒りで?
「買い叩いたばかりの装備に、何故こんなに高い値段が付いているんだ!?」って?
そりゃあそうでしょう、これだけの耐性と効果がある、ましてや良い素材の装備は価値も高い。
お買い戻しになられますか? もっとも、そのご様子だと財布の中身がお寂しいようですねぇ。
…え? “盗んだ装備は一度売って買い戻せば盗品ではなくなる”って緑髪が言ってた?

 

あーあ、嫌なご時勢になりましたねぇ。
今時の冒険者は人の言う事をすぐに鵜呑みにしてその通りにしか行動しない連中ばかりですか。
さっきのお客は「あの野郎、パーティ会場で見かけたらぶっ殺してやる!」とわめきながら
依頼掲示板の方に行ってしまいましたが。

 

おや、今度は別のお客様がいらしたようです。
いらっしゃいませ、今日は何の御用でしょうか? 装備のお引取りですね…って、これはひどい。
装備としてはあまり使い物にならない素材、しかも堕落している。
せっかくの耐性と効果もこれでは台無しです…盗品でもある事ですし、これだけの値段でどうでしょう。
しかしこれでは店頭に出してもあまり大した値段はつけられませんね…。

 

…おや、早速買い取りですか? はい、ありがとうございます。
これでこの装備は「名実共に」お客様のものになりました。
ご一緒に、*素材変化*の巻物はいかがですか?

フォー・ハンドレッド Edit

夢見る魔術師 (2010-11-28 (日) 16:44:02)

唱えた者にいくらかの富をもたらし、極めれば億万長者も夢ではないと言われる魔法、「魔術師の収穫」
もし、あなたがその道を目指すのなら、一つだけ気をつけて欲しいことがあるの。
それは、
「いくらマナに余裕があっても、街中でこの魔法を連発してはいけない
ということ。特に、人の多い広い街では。
さもないと、あなたが空から降ってくる金貨に見とれている間に、悪意ある手が足元の金貨をさらっていくわ。
面倒でも、降ってきた金貨はこまめに「収穫」するのよ。
きっといつか、願いは叶うから。

マニ様の素敵な宝玉 Edit

マニ教のシスター (2010-11-26 (金) 01:24:03)

迷える子猫よ、今日は何の悩みを抱えてきたのですか?
ふむ、農業をしたいのにが見つからない?
ならばマニ様を信仰しなさい。その腐った夏みかんも宝玉の力で……ほら、野菜のになりました。
え、やっぱりクミロミを信仰する?……あらそう。

迷える子猫よ、今日は何の悩みを抱えてきたのですか?
ふむ、高価な品を盗んだのに交換でも換金でも役に立たない?
ならばマニ様を信仰しなさい。その盗品のダガーも宝玉の力で……ほら、新品の長剣になりました。
え、やっぱり盗賊ギルドに入会する?……あらそう。

迷える子猫よ、今日は何の悩みを抱えてきたのですか?
ふむ、街中の金庫を開けたのに小さなメダルがなかなか手に入らない?
ならばマニ様を信仰しなさい。その開いた宝くじ箱も宝玉の力で……ほら、未開封の金庫になりました。
え、やっぱりラーナで宝の地図を買ってくる?……あらそう。

ああ、こんなに便利な宝玉を授けてくださるマニ様を、何故誰も信仰しないのでしょうか……


  •  むしろ宝玉だけが(ry

善人ご主人様の宝石集め Edit

幸せそうな少女 (2010-08-02 (月) 23:50:02)

私のご主人様はよくプレゼントをくれるの。
ミカに、エメラルド、ルビナス、ダイヤモンド。きらきら光る宝石を一杯。
宝石をくれるのは決まって、とある依頼の後。
普通の人は嫌がる依頼だと思うんだけど、さすがはご主人様、喜んで引き受けていたわ。
ただ、この依頼には私は連れて行ってもらってないの。だから何が起きているのかわからない。
不思議なことに依頼が終わったら酒場から私を呼び出して、数百個の宝石をくれる。
どうやって手に入れてるのかしら?
私のご主人様は善人だから、誰かを襲って強奪するとは思えない。
でも、宝石のほかにも、大量の財布を持っていた…
まさか私の知らないところで?だから酒場に置いていくのかしら?
だけど誰かから奪ったにしては、罪悪感は全然感じてないみたい。
財布も届けるつもりはないみたいだし、不思議。でもそれが魅力的なのよね。
やっぱりご主人様は善い人なんだわ。

そういえばこの依頼が終わった後、しばらく同じモンスターの料理ばっかり続いてた。
前にも同じ食事のときがあったっけ。ルミエストで掃除したときだったかな?


  • 分裂《》討伐? -- 2010-08-03 (火) 08:19:30
  • 自分の攻撃力が高すぎるときは、湧いてくる彼らに任せるといい -- 2010-08-03 (火) 17:29:27

異世界の記憶 Edit

夢見る魔術師 (2010-08-02 (月) 21:59:21)

最近ノースティリスで、異世界からやってきた存在をよく見かけるようになったわね。
例えば『おとおと』や、雪だるまみたいな妹、とか。
本来なら、それらは特別な儀式を行って創造したり、異世界に置かれた青い水晶の力を使うことでのみ出現できる……はずだったの。
ところが、それらの手順を踏んでいない存在までもがノースティリスに出現するようになってしまったからさあ大変。
そんな異世界と関わりを持った冒険者達の体験談を3つ紹介するわ。

「隣の家の一家全員が突然変異を起こしたって言うから討伐しに行ったら、
さっきムーンゲートの向こうで倒したはずのボスモンスターが、掲示されていたレベルで複数出て来ちゃったもんだから、命からがら逃げ出してきたよ。
そういえば、討伐対象の名前は、"user"と書かれてた様な気が……」

「レアルート目当てでサモンモンスターの魔法を連発してたら、
こっちの世界にはいないはずのモンスターまで召喚しちゃって、倒すのに苦労したよ。
えっ、召喚の前に何してたかって? ちょっと懐かしいルーンで寄り道しただけさ。召喚石? そんな物は置かれてなかったよ」

「急に新しい嫁が欲しくなったんで、ダルフィの奴隷商人の所へ行ったんだ。
そしたら、ついさっきゲートの向こうで見かけた光の精霊らしき乙女が売られているのを見て、物珍しさで思わず買ってしまったんだ。
ある日、一仕事終えたあとそのまま静かに目を閉じたら、その間に彼女が残りカスに………。能力は変わってないんだけど、見た目と言葉が……。
あぁぁ…あの時しっかり持ち帰っておけば良かった……」

お嫁さんの件はご愁傷様ね。それにしても、呼んだ覚えのない強大な魔物が異世界との門をくぐるなんて、
本当ならノースティリスどころかイルヴァ全体が壊滅しかねない不具合のはずよね。でも、その心配はないの。なぜなら……

(彼女は静かに目を閉じた…キーを押すと自動終了します)


「AFK」 Edit

港町の地元の青年 (2010-08-01 (日) 12:25:09)

やあ。君、今から大分スレスレの行為をするみたいだね。

祝福されたエーテル抗体に呪われた耐熱のポーション、大量のストマフィア
アダマンタイトの重層鎧を着たもらったばかりのような黄金の騎士
そしてここはポートカプールだもの、すぐわかるさ。
こんな人を何人見てきたと思ってるんだい?

やつれてげっそりした顔で一歩踏み出した途端ミンチになった冒険者もそれはたくさん見てきたなあ。
落としていった装備も何もかもダルフィの連中が持って行っちまうから
真っ青になった冒険者が慌てて駆けつけても時すでに遅し、ってやつ。
俺のクーラーボックスが、って叫ぶ姿はもはや名物だよ。

これも何かの縁だ、良いことを教えてあげるよ。
エンターでもスペースでもnum5でもない
「a」ボタンを押しっぱなしにするんだ。
…大事なものを失いたくなかったり未熟になりたくないのなら、ね。

それじゃあ良いお年を、かな。
ご武運を祈っているよ。


  • よくやるwww -- 2010-08-01 (日) 14:46:00
  • ストマフィアより致命傷POT飲んで隣の宿屋へ -- 2010-08-01 (日) 20:41:10
  • 致命傷POT飲んだらコロシアムに駆け込んだほうがガードに攻撃されず安全 -- 2010-08-02 (月) 10:43:37
  • 全く分からん・・・誰か簡単に説明頼む
  • わからないなら気にするな。冒頭にもある通り「スレスレの行為」だから
  • こういう分かるように書いてないの見るとrumorマジイラネってなるわぁ
  • わからんのを考えるのも楽しいと思うけどな。ペットアリーナ?と耐熱potがどう関係するのかわからんが
  • 呪い耐熱は武器を錆びさせるためかな?あらかじめ用意しておいてないっぽいし。
  • *どうしても*知りたいという方は「裏技」ページの「ペットアリーナ浴」へ。

怪物の誕生 Edit

ベテランハンター46歳 (2010-07-27 (火) 04:40:42)

己の耐久と採掘に限界を感じ悩みに悩みぬいた結果
私がたどり着いた結果は

    感謝であった

自分自身を育ててくれた採掘への限りなく大きな恩
自分なりに少しでも返そうと思い立ったのが

    一月一回 感謝のシェルター全掘り

気を整え 拝み 祈り 構えて 掘る
一連の動作を一回こなすのに当初は50〜40ターン
シェルターを掘り終えるまでに初回は一週間以上を費やした
掘り終えれば倒れるように寝る
起きてまた掘るを繰り返す日々
5ヶ月が過ぎたころ異変に気づく

    シェルターを掘り終えても日が暮れていない

齢50を超えて完全に羽化する

    感謝のシェルター全掘り 一時間を切る!!

かわりに祈る時間が増えた
シェルターを出た時 私の採掘は

    音を置き去りにした


  • むしゃくしゃしてやった、壁ならなんでも良かった、今は反省している -- 2010-07-27 (火) 04:43:35
  • で、結局何歳なんだ? -- 2010-07-27 (火) 08:07:30
  • 自身を採掘が育ててくれたとか書かれている割に耐久と採掘の限界を感じているんですか、Hの会長・・・ -- 2010-07-27 (火) 08:08:07
  • …何が伝えたいんだ?まぁ掘り終わったら撤去してまた建てるって意味なんだろうが…これだけじゃただの改変ネタだ。ヒントにすらならんだろ -- 2010-07-27 (火) 17:15:56
  • ラーナ全堀で鉱石確保のほうがいいと思う -- 2010-07-27 (火) 18:26:05
  • 正拳突きかよwww -- 2010-07-28 (水) 23:04:17
  • 何故だかしっくりくるな、確かに採掘にはお世話になった -- 2010-07-30 (金) 07:22:36
  • ↑↑↑ラーナは地形復活しないよね。でもどうせ掘るなら、鉱石が出る街とかがいい。 -- 2010-07-30 (金) 08:12:45
  • ネタ要素が強いのはしょうがないとして、採掘が育ってない序盤は町で宿屋の食事利用しながらやったほうが楽ですね -- 投稿者 2010-07-30 (金) 08:44:16
  • ↑↑↑↑勘違いでした、ごめんなさい。そしてやっと元ネタ知って吹いたw -- 2010-07-30 (金) 22:56:50
  • 鍛えようと思っても一月一回は少なすぎだろうw -- 2010-07-31 (土) 21:32:32
  • 鍛えてるんじゃない、感謝しているんだ! たぶん。 -- 2010-08-01 (日) 00:24:45

悪しき善人 Edit

カルマ-100の冒険者 (2010-07-24 (土) 12:42:28)

ノースティリスにも居づらくなったな・・・
ガードも俺の顔を見るなり追っかけてきやがる。
落ちてた財布を届けたってまるっきり信用しちゃくれねえし
かと言って免罪符を買う金なんかねえ。
……仕方ない、アレをやるか。
 
 
「ざっつあぷりちーふらわー」
グウェンをミンチにした
 
ああ、死んでしまうとは気の毒に。今復活させてあげるからね。
 
 
「ありがとう!」
グウェンを粉々の肉片に変えた

今復活させてあげるからね。
 
 
「ありがとう!」
グウェンを破壊した

今復活させてあげるからね。
 
 
    :
    :
    :
 
 
これで俺も晴れて清廉潔白ってわけだ。
ありがとうよ、お嬢ちゃん。これでまた仕事に行けるよ。


  • でも復活の魔法を大量にストックさせたり復活の書を大量に用意するくらいなら、変装で依頼こなす方がはるかにラクじゃないの? -- 2010-07-24 (土) 18:49:01
  • あるサブクエ終わってたらエーテル抗体4本で解決する件 -- 2010-07-24 (土) 21:25:07
  • ↑×2依頼こなしていけば冤罪符を買う金も稼げるからね(そのためにわざわざノイエル行くのは面倒だが)。そうでなくとも復活の魔法は「○○の魂は冥界に届かなかった。」ってメッセージが出て不発に終わる事もあるし。 -- 2010-07-24 (土) 21:32:22
  • ていうかカルマが低いならジェノパに行けばいいじゃない。 -- 2010-07-24 (土) 21:32:56
  • 復活とか、メテオ目当てに不思議な巻物読んでればストック余るし、復活を実戦投入できる程度まで鍛えるついでと考えれば使えるね。 -- 2010-07-25 (日) 02:17:42
  • 「落ちてた財布を届けたって〜」ってのは1.17以降か。世知辛い世の中だよな。 -- 2010-07-25 (日) 22:19:25

そんなうまい話があるわけなかった Edit

ツキの無い冒険者 (2010-07-19 (月) 21:44:49)

よう、お前さん新参か?
ここらへんは治安悪いから気をつけなよ。
自慢じゃねえが俺様はエゲツない人間にはよく会う体質らしいからな、危険を回避する術はそれなりに身につけてるつもりだ。
どっかの巨人を使って他人の物を強奪だとかは当たり前だしな、まぁ病院行きになったら諦めるんだな。
しかしな、この世界には本当に恐ろしい奴も居るんだ。
そいつは単純に手を下すだけでは満足しないらしい、何やら訳も分からず死んでいく様を見るのが楽しいとか。
そいつに魅入られる冒険者は大体強い奴らしい。

で、そいつに殺される人間はまず雇われないかと商談を切りだされる。
しかも(見てくれだけは)いい装備品まで支給されるってな。
そんな話に冒険者とあろう者が食いつかない筈がない、雇われるだけでも大きな収入が入るんだからな。
だがな、それから皆不幸になっていくんだよな。
鎧やら何やら、あまり高性能な物を装備してない部分の装備を支給されるのは嬉しい…嬉しいけどよ。
その装備を身につけた途端背筋が凍るような錯覚を覚えるんだ。
何故か大体の冒険者は依頼人護衛の時に病院送りだ。
護衛を終えてももらった装備の方が良い性能な筈だからな、もちろん装備し続ける。
で、そいつとまた街で出くわした時に、気がついたら何故か病院にいるんだ。
もちろんせっかく集めた装備品は落としてしまうこともある。
運がよければそこでもらった装備品を落として何だか背中が軽くなった気がするようだが。
運が悪ければ…言うまでもない。

精々お前もタチの悪い冒険者には気をつけろよな。


冒険者を効率良くカモるちょっとした小ネタ Edit

ベテランの遺跡荒らし (2010-07-18 (日) 23:44:09)

「あれ? せんぱい、こんな所でどうしたんですか?」
「あぁお前か、いや何、自宅のシェルターで神への捧げ物作ってたらな、結婚指輪がやたらと貯まったからプラチナ硬貨カルマに変えてきた」
「相変わらずえげつないことやってますね」
「最近パルミアのダーツ壊れてるから固定入手先これしかないんだよ。貯めこんでおいて損はないだろ?」
「まぁそうですけど……」
「それよりお前の方はどうしたんだ? ピラミッドのあいつはもう倒したしお前の家はパルミアだし……」
「あ、そうだっ!! センパイ、あの冒険者見てください」
「ん? あぁあいつか、しっばらく見ないうちにまた大量にアーティファクト抱え込んでるな……」
「それもそうですけど、あの防弾服冷気幻惑魔法の耐性マックス翼鳥鱗製です」
「そりゃすげぇ」
「という訳でせんぱいっ!! テレポートの杖貸してください!!」
「今持ってない」
「そんなぁ……お店にも売ってないしどうしよぅ……」
周りにこれだけの人がいたら俺でもそのままは盗めんな」
「そのままは? というと?」
コレに変えるんだよ、場合によっちゃあの服よりもレアもんだが……お前のロリぼでーならその筋の人アテにすれば大量に手に入るだろ?」
「せんぱいのすけべ!! ヘンタイ!! 私はそんなことしませんっ!!」
「俺のことはどうでもいいから早くけしかけてこい」
「わかりましたっ!!」
「まったく……純情だねぇ……」
「ガード!! ガード!!」
「……貴重品だからってあんなに大量の品を盗もうとするなよ……」


  • 前回を踏まえ、核心部分を書かずに、短く(なってるかな?)書いたつもりです。 -- 書いた人 2010-07-18 (日) 23:46:14
  • ぜんっぜんわからねぇ…コレってなんだろう
  • エーテル抗体をスタックして交換→渡した抗体を盗む、かな?上でダーツや結婚のこととか書いてるし。

モテない君へ Edit

イケメンの冒険者 (2010-07-17 (土) 22:15:03)

なんだ、ずいぶん一人で寂しそうじゃないか。
え?一緒に旅を楽しむ仲間が欲しい?
簡単な話じゃないか。
なんでもお前さん、船が難破してここにたどり着いたそうじゃないか。
どこかにお前さんのペットが流れ着いているんじゃないか?
え?二人目三人目の仲間も連れ歩きたい?
俺はそっちの方面には詳しくないから、仲間の入手方法は自分で調べてくれよ。
なんでも、人を売買する店だとか、読むだけでどこかの名家のお嬢様が降ってくる本なんてのがあるらしいが、俺にはよく分からん。
とにかく、仲間を連れて歩くにはお前さんが魅力的な人物になればいい。
声を聞く限り枯れてないし、少し気を配ればお前さんもすぐに人気者になれると思うぜ。
…そうだな、例えば、上手に楽器を演奏してみるとか、商人との買い物のついでに交渉してみるとかな。
そうそう、寂れた商店にポンと大金を出してやるなんてとてもかっこいいんじゃないか?
おっと、ギルドのトレイナーさんにコツを伝授してもらうのを忘れるなよ?
他にも食生活に気を配るのも大切だぞ。
あのプルプルしたアイツの肉を食べると肌がつるつるになるらしいし、美肌効果を持つハーブなんてものもあるらしい。
そうすればいつかは周囲の視線を心地よく感じるようになるんだ。
いや、いやらしい意味なんかじゃないぞ。気持ちいい事をして見られる快感を覚える奴もいるらしいが。
後は…そうだ、セクシーポーズを学んでみるってのはどうだ?
いやいや、冗談なんかじゃないさ。男の色気ってやつを世の女共に見せ付けてやれ。
なんだ、まだ聞きたいのか?
困ったときの神頼みって言うだろ?
かわいくて魅力的なあの神様を信仰すりゃ少しはご利益に与れるんじゃないのか?

そういえば、お前さんはずっと兜を脱がないな。
ちょっと顔を見せてくれよ。色男の美顔メイクってのを教えてやるぜ。

(あなたは、嫌々ながら兜を脱いだ。)

……なるほど。


  • 通りすがりですがちょこちょこと修正させていただきました。エヘ様の上昇ボーナスは地味に高いから困る -- 2010-07-18 (日) 11:57:28
  • ただれていたのか、目がちょっとばかし多かったのか・・・ -- 2010-07-24 (土) 20:11:30
  • 個人的にはノーマルで結構好きかも -- 2010-07-26 (月) 18:33:26

ドジっ娘帰還ちゃん Edit

冒険者 (2010-07-17 (土) 20:28:47)

ちょっと小耳に挟んだのですが、

レシマスの洞窟で上り階段を上がった直後、レシマスに帰還をすると、
なんと到達最下層の下り階段の目の前に帰還できるそうですよ!

階段を探す手間が省けそうですねー。
すくつでもできるかもしれませんが、
私はまだあそこに入れないので何とも言えないですがね。うへへ。


  • 裏技というか変な挙動なんで、動作を確認してバグ報告予定リストに入れてみた。 -- 2010-07-17 (土) 21:04:46
  • verはいくつだ -- 2010-07-17 (土) 21:41:42

神に愛されるためには Edit

神に愛されたい男 (2010-07-10 (土) 15:01:05)

「先輩が羨ましいっすよ…」
「なんだよ藪から棒に?」
「先輩が引き連れてる者全部神から授かった下僕っすよね?しかも全員持ってるのが…」
「あぁ、そういう事か…お前、神に愛されたいんだろ?
しゃあねぇなぁ…秘訣、教えてやるよ」
「マジっすか?この潜在Pot差し上げるので教えてください!」
「お前どんだけ愛されたいんだよ…
先ずはパルミアとかノイエルにある祭壇でも燃やしてこい…流石にそんくらいはしてるか
癒しの女神や大地の神はパーティ会場で貴族の子供や観光客でも虐殺でもしてこい、一気に犯罪者になるが捧げ物も一気に溜まる
ポンコ…機械の神や風の女神は武具屋で普段から銃や弓を買っておけばいいだろ
後の神だが…まぁ分裂するモンスターを牧場やらで吊るしておいて死体を調達しておけばいいだろ。塊の怪物なら元が重いから太らせなくてすむ
…って何だその顔は?」
「うーん大体時間かかる奴ばっかですね…もっと楽な方法あるんでしょ?教えてくださいよ先輩〜潜在Potあげたじゃないすか〜」
「…噂だがな?、自分で生物を作れるんだよこの世界。どんな種族でも…な?しかも性質すら自分で変えれるらしいなぁ分裂したり大量にでたり…ま、あくまで噂…だけどな?」


  • マニ様はポンコツじゃないもん!ただちょっとボロ…旧型なだけだもん! -- 2010-07-11 (日) 11:43:33
  • 神に愛されたいが故に、自ら神の領域に踏み込むとは・・・・ -- 2010-07-11 (日) 12:19:54
  • え、先輩って神様だったんすか -- 2010-07-13 (火) 15:38:53
  • だから噂っていってんだろ…決して近接クイックリングとか俺のPTにはいないぞ -- 神に愛された男 2010-07-13 (火) 22:15:39

自己向上の街ノイエル Edit

年老いた吟遊詩人 (2010-07-01 (木) 16:11:02)

聖夜祭の時期のノイエルは人でごった返しているが、
それでもすぐれた人物というのは他人とは違う光り方をしていて
私のような感性の鋭い者の目を惹きつけてやまない。
その日出会ったのはペットを連れた一人の冒険者であった。
それはまさに・・・まさに歴史に名を残す人物の風格であった。
彼がタウンギルドに入っていくのを見て、私は窓から様子をうかがってみた。
彼は・・・彼は貯金箱にお金を詰めている
言葉を失った。私も耄碌したのだろうか。
がっかりしてその場を立ち去ったものだ。
帰り際に何かが砕けるような音が聞こえた気はしたが・・・
大方悪がきどもがどこぞの窓でも割ったのだろう。

 

夕刻、日に日に高まる聖夜祭の熱気から逃れようと宿屋に戻ってくると、
例の冒険者が食事をしているところだった。
横には交易品がうず高く積まれている。交易商だったのか・・・。
その時の私は彼に対してとうに興味を失っていたのだが、
なにかの気まぐれで一言二言、言葉を交わした気がする。

 

次の日は吹雪だった。
これでは演奏もできまい。屋台の商人たちもかわいそうに・・・。
楽器の手入れをしようと暖炉の前に陣取ると、
例の冒険者が読書をしているのが見えた。
よく見ると読んでいるのは魔道具の学習書
さらに横にはたくさんの魔道書がうず高く積まれている。
窓の外を見ると彼のペットが一人延々と訓練に励んでいた
寒い中ご苦労なことだ・・・。

 

その後何日もその冒険者は宿屋に滞在していた。
楽器を持たぬ詩人など退屈なもので、彼とはいろいろな話をした。
話の合間、彼がペットに食事としてハーブを与えているのが印象的だった。
未だそのペットは私が見ても負ける気はしないくらい弱く見えたが、
いずれはその冒険者を支える強靭なペットになってほしいものだ。
そう冒険者に言うと、彼はただ笑っていた。

 

聖夜を前にした日、空は久々に晴れ渡っていた。
冒険者は学習書を読むのには飽きたようで、
魔道書を読んだり魔法の練習をしたり、あるいは休憩と言って
交易品を抱えたままノイエルの町はずれでたたずんでいた
なるほど、警戒心は一流の冒険者のようだ。

 

私は祭を盛り上げようと演奏を続けていたのだが、突如轟音が響き渡った。
ああ、なんということか。それは火の巨人エボンだった。
どこからか現れた狂気の怪物が襲いかかり、激昂したエボンが火を吹いている。
戦いはそうそう終わりそうにない。
にぎやかだったノイエルは火の海となり、地獄と化した。
私は陰から様子を見ていた。自らの無力を思い知らされた。

 

例の冒険者が話しかけてきた。何事か、と。
私がすべてを話すと、彼は黙ってペットとともに怪物の方に向かっていった。
止めようと思った。彼は今亡くすには惜しい。
だが、その背中は力強く、私の声も届かなかった。

 

あの時は本当に驚いた。
全くひ弱そうに見えたペットがエボンの炎のブレスをものともせず刀を手に斬りかかり、
冒険者の魔法の援護もあってか一人で怪物をなぎ倒してしまった
その後冒険者は蜘蛛の巣や酸の魔法で消火活動を行い、
多くの犠牲者は出たもののノイエルには再び賑わいが戻った。

 

ノイエルの人々は彼を称えようとしたが、彼は断った。
もうノイエルを立つつもりだったようだ。
彼は・・・いや彼らはこれからますます自らを鍛え、
間違いなく歴史に名を残すことだろう。
帰還の魔法で旅立つ彼らを私は勇気の詩を奏でて見送った。
生きているうちにまたどこかで会いたいものだ。


  • バキの脇役回想シーン風に脳内変換して読み終えました。内容は既出で長いですが、複数回の推敲を経ているのが見て取れました。
    単なる感想なので意味は特にないです -- 2010-07-01 (木) 17:55:09
  • もろともせず→ものともせず -- 2010-07-01 (木) 18:26:45

重戦士と魔法 Edit

とある街の掲示板 (2010-07-01 (木) 00:02:54)

”酒場に全裸の男が出現”

――――――――
某月某日昼ごろ、ある街の酒場のテーブルの上に突如全裸の男が出現。
周囲があ然とする中、全裸の男は近くにいたガードに取り押さえられました。

 

全裸の男は1年前からこの地方に定住した冒険者で、戦士ギルドに所属。
いつも頑強な防具に身を包み街を歩いていただけに、彼を知る人々は驚きを隠せない様子でした。

 

ガードの質問に対し、全裸の男は、

 

”装備が少ない方が魔法を唱えやすいと思った。面倒だったので全部脱いだ。
 魔法書を読んだ後に脱ぐべきだった。
 ちょっと魔法を覚えようとした結果がこれだよ”

 

などと意味不明な供述をし、
手に持っていた軽傷治療の魔法書で股間を隠しながら現場を後にしました。

 

なお、衛兵隊は、同じ日に別の場所で起きた魔物騒ぎにも全裸の男が関与していると見て、
捜査を進めています。


  • この方が魔法を唱えやすいと思った→鎧を脱ぐほど魔法を唱えやすく感じた。
    なら、面倒だから全部脱ぐ〜に繋がりやすいかと思いました -- 2010-07-01 (木) 01:14:31
  • 実際のとこ、全部脱ぐほうが圧倒的に面倒だが。 --   2010-07-01 (木) 13:10:39
  • 逆に鍛える時は重装備、二刀、乗馬して空撃ちすると楽 -- 2010-07-01 (木) 17:48:26
  • ↑成功時のほうが経験値は多いけどな。 -- 2010-07-01 (木) 18:39:15
  • コメントありがとうございました。添削を参考に、少しだけ手直ししました。時間が経ったので追記欄を外させて頂きます。 -- 書いた人 2010-07-26 (月) 15:53:16